「ぽっぽの本棚」にビックリ! 雀聖・阿佐田哲也氏の本までも…

 21日放送の「そこ曲がったら、櫻坂?」で“ぽっぽ”大沼晶保(21)の本棚が公開された。

 ぽっぽは書店に行くと、雑誌とセットで「人生が幸せになる方法」のような系統の本を、読みもしないのについ買ってしまう、と打ち明けた。

 本棚には、
 
「私は私のままで生きることにした」
「ほっとする生き方」
「在り方 自分の軸を持って生きるということ」
「いちいち悩まない 1分で心がラクになる心理学」

 が並んでいた。

大沼晶保の本棚

 メンバ―の“おぜちゃん”尾関梨香(23)は「めっちゃわかります、わたしも同じ本、持ってます!」と共感の声をあげた。ちなみに2人が共通して持っていたのは、「私は私のままで生きることにした」という本。

 いつも天真爛漫なぽっぽが悩んでいる姿は似合わない。MC澤部は「大沼は本で教わらなくても、もう自分の道があるから」と激励していた。

 一方、つっちーは「オカリナ」の本が2冊あることに興味を示した。天ちゃんは「トークアプリでオカリナやってるんです。沼リズムと一緒に送っているらしいですよ」と沼の住民たちの楽しみを暴露した。

 放送後も、さまざまな反響を呼んだ。

 同じ静岡出身のサッカー元日本代表、内田篤人の「僕は自分が見たことしか信じない」があったことから「内田選手のファンだったのかな?」といった声も。これについては、メッセで「お母さんの影響で昔から憧れていた」と説明していた。

 個人的には、色川武大の「うらおもて人生録」があったのに目を引かれた。

 色川さんは「離婚」で第79回直木賞を受賞した人だが、僕らにとっては別名「阿佐田哲也」のほうがなじみ深いし、青春時代にもっとも影響を受けた人かもしれない。

 氏の「麻雀放浪記」は、ホント、何度繰り返し読んだだろうか。ちなみに、ペンネームの「阿佐田哲也」は、麻雀で徹夜を繰り返し「朝だ!徹夜だ!」にちなんでつけられた。

 偶然だが、一度だけ色川さんに遭遇したことがあった。場所は銀座・博品館劇場。水森亜土主演の劇団「未来劇場」の公演のとき。

 開演5分前ぐらいだったか、僕のすぐ前をとおって(無頼派の匂いをいまだ残している)色川さんが席についた。たしか1、2列前の席だった。

 そして芝居が始まるとほどなくして眠っていた。ナルコレプシーという奇病(突然強い眠気に襲われ、居眠りを1日に何回も繰り返してしまう病気)にかかっていたことを知っていた(著書などで公言していた)から「ああ、やっぱり本人だ」と確信した。

 ぽっぽの本棚から、こんなことを思い出すとは思ってなかった。

¥535 (2021/11/29 03:15時点 | Amazon調べ)