ぽっぽ3姉妹だった

むかし、むかし…。

静岡のある港町に、ぽっぽと呼ばれる可愛い女の子がいたそうじゃ。

このおうちは代々、曾おじいさんのころから漁師を生業としていた。

お父さんは元気印の“The海の男”

小学校のPTA会長時代には、あいさつで「ふぁいと いっぱつ オロナミンC!」とぶちかまし、全校生徒を大爆笑させたエピソードももつ。

そんな豪快なお父さんにも、悩みがあったんじゃ。

生まれてきたのは3姉妹(ぽっぽは真ん中)。

跡継ぎの男の子がいなくて困ったお父さんは、まだ小学生だったぽっぽの“いいなづけ”をみつけようとしたらしい。

そんなお父さんをみて、ぽっぽは思った。

「なんてお父さんだ!!」

それから月日が流れ、ぽっぽは美しく成長し、アイドルになった。
“反復横跳び”という武器をひっさげ、バラエティー番組でも大活躍。

そして、お父さんの“悩み”も無事、解決したんだとか。

ぽっぽのお姉さんが漁師になったのだ。いまでは毎日、お父さんと一緒に漁に出ているという。

めでたし、めでたし…。

(次回は枯れたベンジャミン?をお送りします)